The Center for African Area Studies >>English

WWWを検索    サイト内を検索
センター長あいさつ
アフリカセンターのあゆみ
組織図
メンバー
プロジェクト
受賞
アクセス・お問い合わせ
リンク
question


kikin


africa_division


africa_division
asafas
アフリカセンター on Facebook
asafas
アフリカセンター on Twitter
アフリカセンターTwilog
asafas
京都大学大学院アジア・
アフリカ地域研究研究科
京都大学
京都大学
Tembea
Tembea (Staff Only)
スペーサー

フォトギャラリー


akiyama35

「砂漠でダンス」

♦撮影者©:秋山裕之 2000年ボツワナ

♦ダンスは、サンにとって主要な娯楽の一つである。ダンスの上手な男性は女性から人気があり、一目置かれる。少年少女たちは、小学校で習うツワナの踊りも、大人たちが踊るのを真似て覚えたサンの踊りも、同じように遊びとして楽しんで踊る。

スペーサー
usui01

「市場のなかの雑貨店」

♦撮影者©:坂井 紀公子 2007年ケニア

♦市場のなかにはたくさんの雑貨店があり、ここもそのひとつです。棚には、砂糖や紅茶の葉、洗濯石鹸にマッチなど日用雑貨がところ狭しと並べられています。開店したばかりなので、左のオーナーさんも右の従業員さんも、ともに緊張気味。お得意さんがたくさんできますように。

スペーサー
usui01

「無題」

♦撮影者©:臼井 拓 2006年セネガル

スペーサー
kaneko36

「娘たちの目線の先には土器をつくる母がいます」

♦撮影者©:金子守恵 2008年エチオピア

スペーサー
yatsuka02

「もうすぐできるよ」

♦撮影者©:八塚春名 2007年タンザニア

♦主食のウガリを調理するおばあちゃん。 「あんたも食べていくでしょ?もうすぐできるから、ちょっとお待ち。」 おばあちゃんが土鍋で作るウガリは、こうばしくて絶品だ。

スペーサー
kakeya06

「焼畑(チテメネ)の火入れを見守るベンバの夫婦」

♦撮影者©:掛谷誠 1983年ザンビア

♦ベンバの村々はミオンボ林帯にあり、男が樹上に上って斧で枝を伐採し、乾燥した枝葉を女が伐採域の中心部に運び、積み上げ、枝葉の堆積に火を入れて焼畑(チテメネ)を造成する。

スペーサー
shigeta01

「牛を並べる」

♦撮影者©:重田眞義 2010年エチオピア

♦牧畜民ハマルの成人儀礼では十頭あまり並べた雄牛の背中のうえを踏み外さないように渡る。その準備のために牛を並べるハマルの男性。

スペーサー
baobab

「朝日のバオバブストリート」

♦撮影者©:相馬貴代 2003年マダガスカル

♦世界で一番バオバブの種類が多いところ、マダガスカル。バオバブストリートにはこの島で最も大きな種類のバオバブが並ぶ。朝日の中、小人になった気分で撮影。

スペーサー
Mar2011

「となりの朝ごはん」

♦撮影者©:遠藤聡子 2009年ブルキナファソ

♦調査地ボボジュラソでお世話になっていた家族には、塀をへだてたお隣さんがいます。家族は毎日塀の向こうに届くように、「おはよう!」「いってくる!」「ただいま!」と大声で話しかけます。隣からも、「ああ帰ってきたんだ!」「エンドウはどうしてる?」と返事があります。時にはつま先立ちをして、塀ごしに目と目を合わせて会話することもあるのですが、この写真は、そんなある朝にのぞいたお隣の朝食風景です。いつものように、テラスで紅茶とフランスパンを用意しています。お父さんのヤマハバイクに座る次男のラザックくんが得意げです。

スペーサー
akiyama-chugaeri

「宙返り」

♦撮影者©:秋山裕之 1996年ボツワナ

♦宙返りするサン(ブッシュマン)の男児。ボツワナ共和国にて撮影。宙返りは小学生男子たちのあいだでとてもポピュラーな遊びである。助走をつけて、地面につくったマウンドを踏み台にして、前方宙返りをする。学校にはタイヤを半分埋めた遊具があり、もっぱら宙返り場になっている。

スペーサー スペーサー
地域研究会
KUASS
シンポジウム
国際フォーラム
研究会
スペーサー
African Study Monographs 国際協力 社会貢献活動 書籍紹介 フォトギャラリー フィールドステーション
動画資料
スペーサー
公開講座
スペーサー
JASNET
スペーサー
FOSAS
スペーサー
KIBANS
スペーサー
InTokyo
スペーサー
brain

旧コンテンツ

インターネット連続講座 旧フォトギャラリー
スペーサー

Copyright © 2015 The Center for African Area Studies, Kyoto University. All rights reserved.