The Center for African Area Studies >>English

WWWを検索    サイト内を検索
センター長あいさつ
アフリカセンターのあゆみ
組織図
メンバー
プロジェクト
受賞
フィールド安全対策
アクセス・お問い合わせ
リンク
question


kikin


africa_division


africa_division
asafas
アフリカセンター on Facebook
asafas
アフリカセンター on Twitter
アフリカセンターTwilog
asafas
京都大学大学院アジア・
アフリカ地域研究研究科
京都大学
京都大学
Tembea
Tembea (Staff Only)
スペーサー

京 都 大 学 ア フ リ カ 研 究
オ ン ・ サ イ ト ・ セ ミ ナ ー 公 募 の お 知 ら せ


 アフリカ地域研究資料センターでは,平成29年度総長裁量経費の支援を受けて,下記の事業を実施します。多くの方の応募をお待ちします。

 1986年の設立以来,当センターでは,国内のアフリカ研究者を招いて最新の研究成果を共有する機会としてアフリカ地域研究会を開催してきました。2011年からは,海外の著名なアフリカ研究者を招いて英語によるセミナー(KUASS:Kyoto University African Studies Seminar)を実施してきました。

 本事業では,これらの研究会・セミナーを,アフリカ諸国の主要な教育研究機関とKyoto University African Studies On-Site Seminar(KUASOSS)として現地で共同開催し,本学の若手研究者及び学生に共同研究の契機と国際共著論文の発表を促す機会を提供します。


公募要領

様式等ダウンロード( 公募要領 / 申請書


  1. 応募資格:京都大学に籍を置く若手研究者、大学院生。アフリカに関する研究(ただし比較の観点からアフリカ以外の地域を取り扱う場合も含む)を行なっているもの。文系、理系、個別専門分野の別は問わない。教授の職にあるものは応募対象外とする。

  2. 実施方法:KUASOSSセミナーの開催が可能な教育研究機関において、研究発表をおこなう。発表の言語は英語だけでなく、仏語、地域言語(スワヒリ語、アムハラ語など)も可とする。

  3. 応募方法所定の様式に必要事項を記入して申請する。締め切りは特に設けず随時審査を行う。セミナーの実施件数は5件程度を予定している。

  4. 審査方法:アフリカ地域研究資料センター教員が厳正な審査にあたる。当該分野における学問的な貢献だけでなく、アフリカ各国の有名大学・研究機関との共同研究に繋がる内容も評価して審査をおこなう。

  5. 支援内容:1件あたりの申請上限額を50万円として、渡航及びセミナーの実施に必要な経費を支援する。

  6. 実施後の義務:助成対象になる研究発表は、その成果を2018年3月31日までに報告書として提出するものとする。



2017年6月6日(16日更新)

京都大学アフリカ地域研究資料センター



ページ上部へ

スペーサー
地域研究会
KUASS
シンポジウム
国際フォーラム
研究会
スペーサー
African Study Monographs 国際協力 社会貢献活動 書籍紹介 フォトギャラリー フィールドステーション
動画資料
スペーサー
公開講座
スペーサー
JASNET
スペーサー
FOSAS
スペーサー
KIBANS
スペーサー
InTokyo
スペーサー
brain

旧コンテンツ

インターネット連続講座 旧フォトギャラリー
スペーサー

Copyright © 2017 The Center for African Area Studies, Kyoto University. All rights reserved.