アフリカの健康課題:食習慣とライフスタイルに注目して

内容

サブサハラアフリカでは、母子保健や感染症に加え、糖尿病や高血圧などの生活習慣病も主要な健康課題となりつつある。その主な要因として、経済発展、都市化、グローバル化に伴う食習慣、ライフスタイルの変化が考えられる。本発表では、ザンビア農村部を中心に、アフリカ地域の生活習慣病の現状、食習慣、ライフスタイルおよび生活習慣病に対する認識について報告する。

講師

立山 由紀子(京都大学環境安全保健機構・特定助教)

日時・場所

2020年2月20日木)15時00分~17時00分
京都大学稲盛財団記念館3階中会議室[MAP

対象

どなたでもご参加いただけます。
参加無料・申込不要です。

お問い合わせ先

京都大学アフリカ地域研究資料センター
Tel:075-753-7803
Mail:caasas [at] jambo.africa.kyoto-u.ac.jp(at]を@に変えてください)

共催

日本アフリカ学会関西支部

ご注意・備考

会場併設の駐車場では、一般の方の駐車スペースを設けておりません。ご来場の際には、公共の交通機関をご利用くださいますよう、よろしくお願いいたします。